ベストな修理方法をアドバイス。マークX 高砂市

マークX リアドアの10cm程度の縦の潰れ。

ドアパンチでパックリと割れてます。

凹んだ時には、かなりの衝撃があったのではないかと思います。

結構な凹みでも一度、お問合せ頂けましたらデントリペアで直すのがいいか、鈑金塗装で直したらいいか、ベストな修理方法をアドバイスできますのでご遠慮なしにお声をお掛け下さい。

合わせ技で修復です。マークX

マークXImg_3528a

マークX フロントドアの前方

プレスラインの角に沿って5㎝くらいの潰れ。

マークXImg_3529a

今回はデントリペアツールでの押し上げとデントプーラーでの引っ張りの合わせ技で修復です。

デントリペアに興味津々。マークX

マークXImg_2477a

マークX リアフェンダー。

今回の凹みはフェンダーが逆アールで反っている形状のパネル、

若干やりにくい感じです。

マークXImg_2481a

トランクからフェンダーの内張りを外してツールアクセス。

お客様もデントリペアに興味津々のご様子のようで、ご質問にお答えしながらの作業でした。

今回はタマタマ・・・。マークX

マークX20120302_002

マークX ボンネットの凹み。

普段はデントリペア用ライトでヘコミを照らして作業ですが、

今回はタマタマ、作業場所の天井の蛍光灯がうまく照らしているので、そのまま作業。

マークX20120302_007

結局、デントリペア用ライトを使わず修復。

似たような場所を続けて修復 マークX

マークX20100407_0011

マークX20100407_0081

この日は別々のお客様より、マークXの左リアドアの似た様な場所のヘコミをデントリペア。

といっても、ヘコミの種類はプレスラインのヘコミ2㎝のガッツリヘコミと、横にズリッとヘコミ2㎝です。

マークX20100407_0041

マークX20100407_0191

それぞれのマークXを続けて修復。

ヘコミはどこにあったか分かりません。それぞれのお客様も喜んで頂きました。

トラブル回避のお手伝い。マークX

Img_07041

マークXのボンネットを板金塗装屋さんが再塗装した後の歪とりです。

Img_07021

あまり仕上がりがよくないとのことで、その中で目立つ歪の修正です。

車屋さんとお客様との間のトラブル回避のお手伝いをデントリペアでさせて頂いております。

イイものを見つけた!デントリペア。 マークX

Img_02161

マークX フロントドアです。6cm程度の深いヘコミ。

Img_02171

内張りを外し、ヒーティングをしながら、コツコツデントリペアしていきます。

どのくらいのヘコミが、どのくらい綺麗に直るのかデントリペアを実体験して頂くと皆さんイイものを見つけたと言って頂けることが多いです。