ガッツリ系のヘコミ。インプレッサ

インプレッサImg_1688a

インプレッサ フロントドアのキャッチの上です。

ガッツリ系のヘコミ。

インプレッサImg_1699a

今回はドアパネルのサイドにある穴からハンドツールでアクセスです。

穴の周辺は養生してます。

インプレッサImg_1693a

ガッツリ凹みをハンドツールで丁寧に上げていきます。

不思議~。インプレッサ

インプレッサImg_1925a

インプレッサ フロントフェンダーのガッツリヘコミ。

自転車の仕業とのこと。

自転車の凹みは癖のある凹みが多いです。

インプレッサImg_1935a

お客様からは、

修理前は「こんな凹み直るのですか。」
修理後は「不思議~。綺麗に直るもんなんですね~。」

鉄板の伸びを吸収 インプレッサ

インプレッサImg_1779a

インプレッサ ボンネットの深い凹み。

凹みの底がは伸びきってはいないんですが、結構伸びてます。

インプレッサImg_1783a

凹みの裏が補強でしたので細いツールで補強の隙間からアクセス。

鉄板の伸びを吸収させて修復です。

周辺もビミョーに歪んでいます。インプレッサ

インプレッサ201402010_002a

インプレッサ ルーフの凹みです。

写真では10cmくらいの凹みですが、その周辺もビミョーに歪んでいます。

インプレッサ201402010_006a

凹みの裏が補強があったので小さいハンドツールでコツコツと凹みを上げていきます。

周辺の歪みも丁寧に取っていくので時間が掛かりました。

10㎝程度の凹みがアチコチ。インプレッサ

インプレッサ20130205_004

インプレッサのルーフ。

この土地には珍しく雹害、どうも関東で雹害に遭ったとの事です。

インプレッサ20130205_002

ヘコミの数は少ないですが、うっすらした10㎝程度の凹みがアチコチ。

出っ張りも数ヶ所、有りです。

作業的には手間が掛るパターンです。

迷わずご依頼。インプレッサ

インプレッサ20130105_001

過去に一昨年の年末にご依頼頂いてから2回目のお客様。

インプレッサ リアドアです。

この年始に見知らぬ間にできた凹みを発見!

インプレッサ20130105_003

デントリペアを一度経験されているので、凹みを発見されてから迷わずご依頼して頂きました。

ガッツリ受難が続いています。インプレッサ

20110210_0021

インプレッサのリアフェンダーのプレスラインのヘコミです。

20110210_0041

今回は、テールランプを外してコードの穴からツールがアクセスできそうです。

20110210_0121

最近はプレスラインのガッツリ系のヘコミが多いのですが、

今回も3cm程度のヘコミでガッツリ。

ガッツリ受難が続いていますが、何とか頑張ってます。

手ごわいヘコミ。インプレッサBEAMS EDITION

インプレッサ20110212_0011

オリジナルの衣料品などで人気のセレクトショップ「BEAMS」とコラボレートしたインプレッサBEAMS EDITION 1.5Lのフロントドア。

カッコイイですね。

しかし、プレスラインにできたキツ~イ、ディープなヘコミ。

何とかしたいとご依頼頂きました。

ツールをアクセスしてテコの原理でヘコミを裏から何度、突いてもビクともしない・・・。

テコが効率よくとれる箇所を探しながら、塗装の割れの問題も考慮に入れてヒーティングをしながら少しづつ、少しづつかなりの力を入れて押出しました。

修復後の状況は、お客様のブログ「まったりー」をご覧下さい。

なかなか手ごわいヘコミでした。