初めからプロにお任せ下さい。スカイライン

スカイライン20101210_0081

スカイラインGTR ドアのヘコミ。

ご覧の通り、明らかに裏からヘコミを突いたデント痕があり、プチプチに上げまくって、かなりヒドイ状態。

スカイライン20101210_0101

こうなったらまともには直らないのですが、まずは、デント痕の出張ったプチプチをポンチングで凹ませ裏からツールで平にしていきます。

どうしてもデント痕は残って完璧には直らないですが、とにかく修復。

ヘコミ直しは失敗すると後が大変です。初めからプロにお任せ下さい。

百聞は一見に如かず。スカイライン

スカイライン20100926_0011

スカイライン リアドア、プレスラインをズリッと2cm程度潰れてます。

塗装もビミョーに削れて、プレスラインの上の方へも歪あり。

スカイライン20100926_0051

実際にヘコミが直っていく過程を、お客様のご家族やお友達に見て頂いて、

デントリペアの素晴らしさは「百聞は一見に如かず」です。

スカイラインGTRも、2度目のご依頼です。

今回のスカイラインのお客様は2度目のご依頼です。

以前のお客様のデントリペア

スカイライン20100425_0051

スカイラインGTR リアフェンダーのヘコミ1.5㎝とうっすらヘコミです。

この場所は、リアフェンダーの内張りを外し、その隙間からアクセスできないかと思ったのですが、フェンダーの懐が深いので、結局シートを外し、ガバッと内張りを外しアクセス。

スカイライン20100425_0021

今回のヘコミは子供のいたずらではないか?とのことです。

デントリペアで、どんな小さなヘコミも見逃さずお客様のニーズに答えます。

質の良い懐かしのハコスカ 2000GTX

ハコスカ 2000GTX20100308_0091

以前、セカンドカー ミラジーノを修復させて頂いたお客様の2度目のご依頼です。

今回は、非常に質の良い懐かしのハコスカ 2000GTX。

以前のお客様のデントリペア

ハコスカ 2000GTX20100308_0051

フロントフェンダーのヘコミ複数箇所です。

古い車なので塗装が割れないように慎重にデントリペア。

ハコスカ 2000GTX20100308_0071

リアフェンダーにも2ヶ所ヘコミがありましたが、それよりも希少価値のありそうな「KOBE」のステッカーが気になります。

デント痕があっても頑張りました。スカイライン

スカイライン20100216_0011

スカイライン フロントドアの1.5㎝程度のヘコミです。

しかし、写真ではわからないのですが、以前にデントリペアで失敗している痕がある(デント痕)ヘコミで、ヘコミを直しても塗装面にその痕が残ってしまう状態。

スカイライン20100216_0051

しかしながら、そのようなヘコミでもいかに見栄えを良くしていくかを考え、良く見ないと分からないレベルまで頑張りました。

写真で表現できないのが残念です。

角張ったデザインが懐かし。パサージュGT

Img_01401

スカイライン パサージュGTのヘコミを片っ端から直しました。

角張ったデザインが懐かしさを感じますね。

Img_01371

ヘコミの数は多いのですが、どれも1㎝~3㎝までのへコミなので、板金塗装ではなく、デントリペアの選択はベストチョイスですね。

Img_01391

再塗装せずに済み、お客様も喜んで頂きなによりです。