40年前に生産されたモデル。フェアレディ240Z

フェアレディZImg_3261

フェアレディ240Zのドアのデントリペアです。

フェアレディZImg_3262

40年前に生産されたモデル。

フェアレディZImg_3243a

自転車のハンドルが引っかかったのではないかとのこと。

今回はオーナー様自らドアの内張り、カギを外して頂いてデントリペアスタート。

フェアレディZImg_3254a

昔の車種は塗装状態や内張りの状態に注意を払いながらの作業。

ジワジワ押し上げ修復です。

ツールをコントロール。フェアレディZ

フェアレディーZ20121104_001

今回のお客様は、お忙し仕事の合間のご依頼。

フェアレディZ32型のドア。

恐らく隣の車のドアパンチ、10㎝程度です。

フェアレディーZ20121104_003

この位置のヘコミが10㎝もあれば当然裏の補強プレートにも掛っているので、

ガラスの隙間からツールを挿入して、見えない補強プレートを避けながらツールをコントロール。

一抹の不安が・・・。フェアレディZ

フェアレディーZ20120921_004

フェアレディZ ドアのキャッチキワキワとプレスラインの凹み。

フェアレディーZ20120921_010

フェアレディZでは、ドアのプレスラインの凹みは結構、実績があるので問題ないのですが、キャッチのキワキワにツールが届くかどうか。

一抹の不安が・・・。

突っ込んでみると、あっさり修復。

プレスの潰れは目立ちます。フェアレディZ

フェアレディZ20120314_001

フェアレディZ ドアのプレスラインが潰れてます。

プレスの潰れは目立つのでデントリペア。

フェアレディZ20120314_006

ドアはアルミパネルかなぁ~。と思いつつ確認すると、

今回のドアは鉄板でしたので、それほど時間を掛けず修復。