デントプーラーで引張り完了。ミニ

Img_1725a

BMWミニクーパーS リアフェンダー。

Img_1728a

このミニの箇所はデントツールでの修復ではリアシートを外して内張りを外して・・・と大変なのですが、今回は引張って修復可能でしたので、デントプーラーで引張り完了です。

今回はデントプーラーを選択。BRZ

BRZImg_2172a

BRZ ドアの下。

横にズリッとヘコミ、10㎝くらい。

BRZImg_2176a

塗装状態がイイと裏からツールで押し上げて直すか、デントプーラーで直すか、選択肢が増えます。

もちろん裏からツールで押し上げて直すのがメインですが、常に仕上がり良く短時間で直すにはどの方法がイイか考えながら選択してます。

結局、今回はデントプーラーを選択しました。

ボディの肌目に合せて慣らせていきます。アテンザ

アテンザ20130627_002

アテンザ リアフェンダーのリアドアとの境辺りの凹みです。

この部分はデントツールが入いるか、入らないか判断に迷うことが多い箇所。

アテンザ20130627_006

今回は結局デントプーラーで引張ることになりました。

タブをつけたところです。

アテンザ20130627_013

何回か凹みを引っ張り、ボディの肌目に合せて慣らせていきます。

連日ルーフサイドの凹みを直してます。Nbox

Nbox20130524_006

Nbox ルーフサイドのヘコミです。

最近、新車でルーフサイドの凹みが増えています。

Nbox20130524_010

ルーフサイドは裏からデントツールが入らないことが多いので、デントプーラーで凹みを引張って修復。

ここ数日、連日ルーフサイドの凹みを直してます。

デントツールが入る余地がない箇所。MRワゴン

MRワゴン20130405_001

MRワゴンのボンネットの先端の凹みです。

ちょっと見にくい写真ですが、ボンネットを閉める際に指で押さえて作ってしまった凹み。

MRワゴン20130405_005

凹みの裏は袋状で、鉄板がに重なってデントツールが入る余地がない箇所。

車種によって異なるのですが今回、デントプーラーで修復です。