素人がひっぱり君を使うと・・・。スイフト

スイフトImage
スイフト ルーフサイドのガッツリ凹みです。
結構深いヘコミなので、デントプーラーで引っ張って凹みの芯が上がるかどうか・・・。

スイフトImage_2
一度、引っ張ってみました。
凹みがキツイと盛り上がって、こんな感じになります。
ちなみに素人が「ひっぱり君」を使って直すと、この段階の仕上がりで終わりです。

スイフトImage_3
ここからデントリペアの技術を使って、歪みが上がっているところをポンチングして、また引っ張り上げて、を何度か繰り返して修復です。

本当に手で凹んだの?スイフト

スイフト20140405_016a

スイフト フロントドアのガッツリ、プレスラインのヘコミ。

手で押さえてのヘコミとの事。

スイフト20140405_021a

本当に手で凹んだの?と言いたくなるような結構キツイ凹みでしたが、問題なく完了。

縦に綺麗に割れた8cm程度の凹み スイフト

スイフト20130624_001

スイフト リアドアです。

パックリ縦に割れている凹み。

お客様からデントリペアは、

「ふんわり凹んだヘコミしかできないのですか?」

「線の入った凹みはできないのでは?」

スイフト20130624_007

といった質問がよくありますので、

今回は縦に綺麗に割れた8cm程度の凹みをご紹介致します。

「デントリペアを知っておくべし!」スイフト

スイフト20120722_001

スイフト フロントフェンダーのプレスラインの潰れです。

前回に続き、新車購入1ヶ月後の凹み被害。

今回は女性のお客様で、板金塗装屋の見積の高さや新車で塗り直したくないことから、紆余曲折の末、弊社にご連絡を頂きました。

スイフト20120722_007

板金塗装屋、ディーラーでもまだデントリペアをご存じないところは、このくらいの凹みでも板金塗装しか方法がない。あるいはデントリペアはプレスラインは直せない。仕上がりが悪い。と言われるところも、まだまだあるようです。

しかしながらデントリペアでは、今回のようにプレスラインでも、凹みがあったことが分からない状態にさせて頂いておりますので、車を大切に乗られるオーナー様は是非、「デントリペアを知っておくべし!」ですね。

どのツールを選択するかは・・ スイフト

スイフト20111215_008

スイフトのリアドアです。

スイフト20111215_015

今回用意したツールは、この4種類です。

どのツールを選択するかは、オーソドックスなツールから順にガラスの隙間に挿入し使えるツールを選択していきます。

スイフト20111215_010

ヘコミの裏には補強がありましたので、

今回はツールの写真で左から3つ目のU字のツールでアクセスです。

やっぱり情報は大切です。スイフト

スイフト20110702_0041

スイフト リアハッチです。

あちこちにヘコミがあるのですが、とりあえずこのヘコミから修復です。

スイフト20110702_0121

今回は特に問題なく修復ですが、

デントリペアを知っていると、このくらいのヘコミが安価で直ってしまうので迷わすデントリペアのご依頼となるのですが、

知らないと板金塗装でそれなりに費用がかかってしまうか、ヘコミの放置状態。

やっぱり情報は大切です。