お客様の判断通り・・・。アイ

アイ20130708_004

アイ フロントフェンダーの上側です。

このくらいの凹みだったら板金塗装ではなくデントリペアという判断をして頂いてのご依頼です。

アイ20130708_019

お客様の判断通り、デントリペアで確実に修復です。

未来のヘコミは・・・。 i-MiEV

アイ20121030_013

三菱 i-MiEVのリアドアのプレスラインのヘコミ。

電気自動車でも、ボディーのヘコミはガソリン車と同じです。

アイ20121030_017

特に問題なく修復できるヘコミですが、

未来のヘコミはどうなっているのでしょう?

結構、便利なツールです。アイ

アイ20101115_0031

三菱アイのルーフです。

うっすらヘコミ1cm程度。ルーフのド真ん中ですので内張りをバッサリ外してリペアです。

アイ20101115_0091

○印の箇所がヘコミの裏の位置です。

ちょうど補強のところのヘコミですので、この場合は普段良く使う棒状のツールは使えません。

ハンドツール20101115_0131

今回はこんな先が広がったちょっと変わったハンドツールを使って修復します。

結構、便利なツールです。

アイ20101115_0081

ツールはその時のヘコミの状態、ヘコミの場所や裏の状態によって40、50本のいろんなツールをチョイスしてヘコミを消していきます。